各社によって大きく開く値段【車検の期間を守って楽しいカーライフ】

レディー

車をキレイに保つ方法

車

カーコーティングの種類は数多くあれど、最終的に耐久性を維持するために必要なのは日々管理を怠らないようにすることです。洗車をせず、雨ざらしになっているようでは、すぐにコーティングは剥がれます。長く保つために管理を怠らないようにしましょう。

Read More..

汚れから守る保護膜

夫妻と車

ボディーコーティングは種類があり、その中で最も高価で耐久性のあるものがガラスコーティングです。しかし、そのガラスコーティングでも間違った施工方法をしてしまうと本来の性能を発揮できません。自分での施工が難しい場合には業者に依頼しましょう。

Read More..

車検で受けられるサービス

自家用車

車検の期間は、新車購入時から3年後、2度目以降は2年に一度という期間で決まっています。車検は全国どこでも受けることができます。車検を受けられるところは、ディーラーや民間の整備工場、ガソリンスタンドなどがあります。基本的に、車検にかかる費用で自賠責保険量・重量税・印紙代は法定費用といわれ、この費用はどこに依頼を行なっても固定となります。その他に支払う検査手数料や点検料、整備料金などが依頼をする場所によって異なります。車検でかかるおおよその費用を把握するには、見積もりをしてもらいましょう。ネットで検索すると、見積もりの比較サイトもあり最安値でできる工場も簡単に見つけることができます。値段は各社開きがありますが、それぞれで行なっているサービスも注目どころです。場所によっては、洗車やオイル交換をタダで行なってくれます。車検を行なう整備工場では、依頼が絶えないので事前に予約すると安くしてくれるところもあります。点検しているうちに、修理が必要な箇所が見つかった場合には整備も行なっている工場であれば、そこで修理を依頼することもできます。
車検が切れる前に事前に受けておきたいという場合は、車検の期限から1ヶ月前から1ヶ月後の間であれば受けることができます。また、車検は早くて1日で終わる場合もあれば、修理などの時間を要し数日預ける必要が出てくることもあります。その間は代車が借りられますが、タイミングによっては代車が全て出払っていて借りられないということもあります。そのため、車検を受ける場合は余裕を持って受けられるようにしておきましょう。各社によって大きく開く値段を理解しておきます。

パーツを好みのものに

笑顔の女性

車好きの方が車検を通す場合には、苦労することが多いです。ほとんどの方が純正パーツを社外パーツに変更していることが多いからです。車検の期限が近づいてきたら、変更したパーツを元に戻して万全の状態で車検を受けることができるようにしましょう。

Read More..